香典金額・袋・その他の最近のブログ記事


家族や親族、友人が亡くなった際香典を包みます。
また会社の上司や部下、同僚の家族が亡くなった場合にも香典を包みます。
会社の代表として参列し、他の会社の葬儀へ参列する際は
会社名・会社の住所を受け付けで記載をします。


上司の代理で参列する際は上司の部署・役職・指名を記入し
その隣に代理と記入するようにします。



夫の代理で参列する際は、夫の氏名を記入した左下に「内」と小さく記入します
また、会社全体で香典を包む場合、香典袋には会社全体を示す名称を記入するようにします。
包んだ金額を詳しく記入したものや、
香典を包んだ全員の名前を記入したものを中袋に入れて持参するようにしましょう。


香典に包む金額は、自分の役職や亡くなった故人との関わりの深さによって変わります。
自分の年齢が50歳以上、または地位が部長級以上である場合は
1万円程度の香典を包んだ方が良いでしょう。
会社の上司への香典は5千円~1万円、
特にお世話になった上司など関係が深かった場合は1万円を包むと良いです。



会社の部下の葬儀の場合は、5千円~1万円程度が相場のようです。
会社の同僚は包む場合は、3千円~1万円程度を包むことが多いです。
連名で会社の仲間の香典を包む際は、多様多めに包むようにした方が良いです。


面識があまりないという場合は、5千円程度が目安で
連名で包む場合はそれぞれ同じ金額を包むようにしましょう。



亡くなった故人の親族や家族などの小人数で葬儀を行うことを【家族葬】といいます。


一般的な葬儀で儀式的に行われるような葬儀や通夜などを省略し簡易的に行われます。
葬儀費用を少額に抑えることができ故人との別れの時間をゆっくりと過ごすことができるため
最近では家族葬、密葬が増加傾向にあるようです。


故人の遺言などで家族葬を行う場合もありますが、
親族の理解を得ることも重要です。


家族にだけしか訃報を連絡しないため、
故人の生前の社会や友人を壊してしまう場合もあります。


一般的な葬儀では故人と関わりのあった人など
たくさんの人たちが香典を持参し葬儀に訪れます。
その後香典を頂いた方に、お礼や感謝の気持ちとして香典返しをします。


家族葬を行う場合は、そのような知人や関係者の香典を辞退する場合が多いようです。
親族のみで行われるのが家族葬なので、
できるだけ香典や訪問することを控えた方が良いといえます。
訃報を耳にした知人などが大勢で会葬に訪れると、その分葬儀の出費も増えてしまいます。
しかし、故人と交流が深かったり親しくしていた場合は、
家族葬の全てが終了した際に香典を渡したいということを家族へ伝えてみるのが良いでしょう



香典の受付をすることになったら、
誰がどれだけ包んだかなどという会話はしないようにしましょう。
また、香典の中袋からお金を出して記帳しますが、
記入もれがないように十分管理しなければなりません。
この記帳の時に実際の金額と一致していないと
後々問題が発生してしまうこともありますので、気をつけましょう。


香典が原因で起きるトラブルはそんなにないと考えられがちですが
思いのほか香典泥棒というものは多いのが実情です。
葬儀では親族や葬儀業者に受付を依頼することがよくあるため、
弔問客をすべて確かめることは困難です。
それにつけこんで香典泥棒は参列者のふりをし、香典を盗みます。
喪服姿に数珠を持ち、弔問客に混ざって香典を狙っているのです。


こういった香典泥棒のやり口は葬儀の終わりがけをねらって行われ
「身内の人が呼んでいますよ」などと言って騙し
受付から人が離れたすきを狙って香典泥棒をはたらきます。



こういったトラブルは、数百万もの香典が集まる社葬でも頻繁に見られます。
大会社ともなると社員全員顔を知っているということもないでしょう。


香典トラブルを避けるためには
受付になっている人以外の人に手伝ってもらわないようにすることも重要です。
また、祭壇に香典をあげる際には香典袋の中身をきちんと抜いておくことも大切です。
社葬ではたくさんの香典をいただきますので、香典トラブルが起こりがちです。


十分気を配るようにすることが必要です。



香典を持参できない場合は必ず先方へ郵送するように心がけましょう。
知り合いなどの参列者に依頼される方もおられるようですが、
これは先方へ失礼にあたります。


香典を郵送する際は【現金書留】で送るようにします。
この方法であれば、葬儀で忙しい先方へも手間にならず
簡単に受け取ることができます。
弔電為替という方法もありますが現金書留の方が手間になりません。


ただし、このような方法で香典を郵送する前に
弔電を早めに打っておくことも大切です。
弔電や香典を郵送する際の挨拶状では、
使用できない語句があるので注意が必要です。


葬儀では、不吉不幸を意味する語句
繰り返す語句は使用すべきではありません
例としては、「重ね重ね」や「度々」・「再度」や「再三」・「続いて」などです。
このような語句を「忌み言葉」と言い
葬儀においては不幸が繰り返し起こる
という意味を持ってしまいますので使用しない事が重要です。



香典を郵送する際には参列できないことへのお詫びの言葉、
お悔やみの言葉を書いた手紙を現金書留に同封しておきます。


この時には、無地の白色便箋へ薄墨で手書きで綴るようにします。



色付きの便箋やハガキを使用しないことがマナーとなっています。



香典を渡す前にまずすることは、宗教や宗派
包む金額を考慮して香典袋を用意することです。


次に表書きや中袋に気を付けお札を揃えて入れ、包みます。
そして袱紗に包んで持参します。
弔事の時に使用する袱紗は、鼠色が一般的です。
紫の袱紗は慶事にも使用できるので、一枚あると便利です。



香典は直接通夜や葬儀にて手渡すのが一般的な方法ですが
都合がつかなかったり、遠方にいて葬儀に出席できないなどの場合は郵送することもできます
葬儀に参列できなかったお詫びや、お悔やみの言葉を添えて送りましょう。


直接手渡す際は葬儀の受付にて一礼し、お悔やみの言葉を添えて渡します。
そのときに香典は袱紗から出し、
香典袋の表書きを相手に読めるようにして渡すのが正しい作法です。
お悔やみの言葉は手短に、小声で「この度はご愁傷様です」
「この度は突然なことでお悔やみ申し上げます」
「ご霊前にお供えください」などと挨拶するのがよいでしょう。



受付にて大きな声を出したり話し込むのはよくありません。



香典を直接ご霊前に供える場合は受付とは逆で
表書きを自分が読めるようにして供えます



もし、葬儀が終わってから訃報を聞いた場合は
自宅に持参するなどして、お悔やみを述べ香典を渡すといいでしょう。





仏教では四十九日までは死者が霊となって
あの世とこの世をさまよっているという教えがあります。
ですので、法要や法事を行って死者を供養することで
無事に成仏できますようにという祈りを込めて行われているのです。


亡くなってから7日おきに行われるのが法要です


1年目の命日は一周忌、満二年目は三回忌、
そのあとは七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、
二十七回忌と法要が続き、その後は5年おきに行われます。


法事で使う香典袋は黄白または黒白の水引であわび結び
または結びきりのものになります。
四十九日以降は香典表書きに「御仏前」を記入し、
それ以前は「御香典」「御霊前」と記入するようにします。

法事で包む香典の目安金額は、知人・友人で5千円ほど、
親戚で1万円ほどが一般的です。
生前親しかった人であった場合などは、
少し多めに香典を包むことが普通のようです。



香典は、葬儀や通夜には当然のことですが
法要や法事の場合も持参するのが常識です。


仏式の儀式としては、
法要や法事は故人の冥福を祈る儀式として命日に行われます。


故人を供養すると同時に遺族の悲しみを癒して
心を満たす意味でも執り行われているのです。




香典を包む際に使うふくさは葬儀へ持参する際に
香典をしわ、汚れなどから守る目的で使います。
このことからも一般的な礼儀としては、
香典を持参する際にはふくさを使用するようにします。


ふくさが用意できない場合は、、または白のハンカチで代用することもできます。
ふくさにも多くの色があり、香典を包む際のふくさの色は決まっています。


香典で使用できるふくさの色は、灰色・緑・青・となっており
紫に関しては祝儀でも使用することができます。


香典の包み方ですが、市販されているものの中に台が付いているふくさがあり
しわになりにくく便利です。
このような台が付いているふくさは、
爪の部分を左側にしてたたむようにします。


この他のふくさの包み方は、まず角を上へ広げ、ひし形を作るようにします。
そして、香典袋をその中央へ表面を上にして置きます。
この後、ふくさをたたんで行きますがその順番があります。

右、下、上の順でたたんだ後に、左側を折り、最後に角を裏面へ返すようにします。


ふくさに包んだまま香典を受付に渡すことは
マナー違反となるので注意が必要です。
これは、受付の方がふくさを返さなければならないため、
繰り返し不幸が訪れることを意味してしまいます。

ふくさから香典を渡す際のマナーとして、
ふくさを開く際に香典が表面になるように開きます。

そして、受付の方へ表書きが読める方向にして渡すようにしましょう。



香典袋記入の際は毛筆で薄墨が理想的とされています。
葬儀は急に行われることが多く、
最近では筆ペンでも薄墨のものが市販されているので
これを使用しても構いません。
あくまでも薄墨は香典の理想的なものなので、
薄墨が用意できない場合は黒文字でも良いとされています。



香典で使用する香典袋は、白黒の水引きのものが一般的です。


香典の表書きは宗派によって違いがするようですが、
一般的には「御仏前」や「御香典」と書くことが多いです。
御霊前」と記入しておけば先方の宗派が分からなくても
問題なく使用することができます。
通夜や葬儀に関わらず有効な香典の表書きです。
これらを香典袋の水引き中央の上に記入します。
水引き中央の下は、差出人の名前を記入する部分となります。


差出人の住所や金額は、香典袋裏面の左下に小さめの字で記入するようにします。
中袋がある香典の場合は中袋へ記入することになります。


香典への差出人住所の記入は、先方から香典返しを送る場合に使用するため
心使いでの香典を除いてはマナーとなっています。
心使いでの香典である場合は、表書きのみ記入して渡します。



このように、香典袋への記入方法は葬儀、法要で必要となってきますので覚えておくと安心です。




香典を出す場合、亡くなった人とお付き合いの度合いや地位、
亡くなった年齢によってある程度お出しする金額というのが変わってくるようなので、
注意する必要があります。

定まった額というものはないのですが、
昔からの礼儀としてやってならない事が幾つかあるようなので知っておくと便利でしょう。


まずは香典の額がですが、6や8などの偶数数字は良くないとされ、
1や3などの奇数数字は昔から良いとされています。
しかし、2万円という数字だけは当てはまらないようです。
また4は死、9は苦など良くないイメージが出やすい為、
4と9が混じった額にならないよう気を付ける必要があります。


結婚式やお祝い事などには新しいお札を祝儀として出すのが良いという風習がありますが、
香典の時はそんな決め事はないようです。


しかし、香典に新しいお札を使うのはあまり好ましくない
という風習が昔からあるので注意が必要です。
急な事で新しいお札しか持っていなかった時は、
古いお札に取り替えるか、新しいお札の角を折り曲げてからお出しする事で回避出来ます。



本来香典を出す場合は定まった額や方法は無いので
あまり気にする必要は無いのですが、
昔からの風習として気にする人も多いのも現実です。


出来るだけトラブルを避ける為に、
こういった事もあるのだと知っておいても損は無いでしょう。




まず、どのような香典袋を選ぶかですが
市販されているものを使うのが一般的です。
市販されている香典袋であれば、
記載してある記入方法やルールの説明があるので分かりやすいです。


故人とどのような関係かで香典の金額が決まりますが、
香典袋は包む金額相応のものを選んだ方が良いです。
香典袋だけ良いものを選んでも、中身とのバランスが取れないので注意しましょう。


香典に包む際のお札ですが、新札は事前に準備されていたようで
失礼にあたるので使用してはいけません

逆にシワの多いお札も失礼になりますが、
新札の場合は軽い折り目を入れてから香典袋に包んだ方が良いです。


そしてお札が複数枚になる場合は向きを揃えて包みます
地域によって包むお札の向きが違うこともありますが
必ず向きを揃えておけば失礼にはあたりません。


一般的な香典の記入方法は、香典袋・中袋においても汎用のペンでも問題ありませんが
なるべく筆ペンを使用した方が良いです。
漢数字で金額を中袋の表側に記入し、住所と氏名を裏側に記入します。


香典の中袋の向きは折り返すと三角形になる部分ができるので、
それを下に向けて折り返すようにします。


これには、故人への悲しみ意味がありマナーのひとつとなっているようです。