会社関係で香典を包む場合は


家族や親族、友人が亡くなった際香典を包みます。
また会社の上司や部下、同僚の家族が亡くなった場合にも香典を包みます。
会社の代表として参列し、他の会社の葬儀へ参列する際は
会社名・会社の住所を受け付けで記載をします。


上司の代理で参列する際は上司の部署・役職・指名を記入し
その隣に代理と記入するようにします。



夫の代理で参列する際は、夫の氏名を記入した左下に「内」と小さく記入します
また、会社全体で香典を包む場合、香典袋には会社全体を示す名称を記入するようにします。
包んだ金額を詳しく記入したものや、
香典を包んだ全員の名前を記入したものを中袋に入れて持参するようにしましょう。


香典に包む金額は、自分の役職や亡くなった故人との関わりの深さによって変わります。
自分の年齢が50歳以上、または地位が部長級以上である場合は
1万円程度の香典を包んだ方が良いでしょう。
会社の上司への香典は5千円~1万円、
特にお世話になった上司など関係が深かった場合は1万円を包むと良いです。



会社の部下の葬儀の場合は、5千円~1万円程度が相場のようです。
会社の同僚は包む場合は、3千円~1万円程度を包むことが多いです。
連名で会社の仲間の香典を包む際は、多様多めに包むようにした方が良いです。


面識があまりないという場合は、5千円程度が目安で
連名で包む場合はそれぞれ同じ金額を包むようにしましょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/29

コメントする