家族葬の場合の香典とは


亡くなった故人の親族や家族などの小人数で葬儀を行うことを【家族葬】といいます。


一般的な葬儀で儀式的に行われるような葬儀や通夜などを省略し簡易的に行われます。
葬儀費用を少額に抑えることができ故人との別れの時間をゆっくりと過ごすことができるため
最近では家族葬、密葬が増加傾向にあるようです。


故人の遺言などで家族葬を行う場合もありますが、
親族の理解を得ることも重要です。


家族にだけしか訃報を連絡しないため、
故人の生前の社会や友人を壊してしまう場合もあります。


一般的な葬儀では故人と関わりのあった人など
たくさんの人たちが香典を持参し葬儀に訪れます。
その後香典を頂いた方に、お礼や感謝の気持ちとして香典返しをします。


家族葬を行う場合は、そのような知人や関係者の香典を辞退する場合が多いようです。
親族のみで行われるのが家族葬なので、
できるだけ香典や訪問することを控えた方が良いといえます。
訃報を耳にした知人などが大勢で会葬に訪れると、その分葬儀の出費も増えてしまいます。
しかし、故人と交流が深かったり親しくしていた場合は、
家族葬の全てが終了した際に香典を渡したいということを家族へ伝えてみるのが良いでしょう


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/28

コメントする