香典が原因のトラブル


香典の受付をすることになったら、
誰がどれだけ包んだかなどという会話はしないようにしましょう。
また、香典の中袋からお金を出して記帳しますが、
記入もれがないように十分管理しなければなりません。
この記帳の時に実際の金額と一致していないと
後々問題が発生してしまうこともありますので、気をつけましょう。


香典が原因で起きるトラブルはそんなにないと考えられがちですが
思いのほか香典泥棒というものは多いのが実情です。
葬儀では親族や葬儀業者に受付を依頼することがよくあるため、
弔問客をすべて確かめることは困難です。
それにつけこんで香典泥棒は参列者のふりをし、香典を盗みます。
喪服姿に数珠を持ち、弔問客に混ざって香典を狙っているのです。


こういった香典泥棒のやり口は葬儀の終わりがけをねらって行われ
「身内の人が呼んでいますよ」などと言って騙し
受付から人が離れたすきを狙って香典泥棒をはたらきます。



こういったトラブルは、数百万もの香典が集まる社葬でも頻繁に見られます。
大会社ともなると社員全員顔を知っているということもないでしょう。


香典トラブルを避けるためには
受付になっている人以外の人に手伝ってもらわないようにすることも重要です。
また、祭壇に香典をあげる際には香典袋の中身をきちんと抜いておくことも大切です。
社葬ではたくさんの香典をいただきますので、香典トラブルが起こりがちです。


十分気を配るようにすることが必要です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/27

コメントする