香典を寄付する場合は


葬儀へ参列する人は香典を持ち参列します。
通常の場合は、香典を頂いた方には忌明けの際に香典返しをします。

近頃香典を寄付したいという故人の遺志により
いろいろな団体への香典の寄付が増えているようです
香典を寄付した場合には香典返しをされないことになります


香典の寄付は、社会へ貢献したいという故人の遺志を尊重するものとして行われています。



香典の寄付の金額は、一部を寄付する方、
全て寄付する方とそれぞれ違ってきます。

一部を寄付するという場合には、
香典を寄付した先を記した挨拶状とともに少額の香典返しを用意した方が良いでしょう。


香典の全額を寄付した場合は、
香典を頂いた方に忌明けの報告と寄付したことを知らせる挨拶状を送るようにします。
挨拶状には、寄付先や寄付の趣旨なども記載しておきます。



また、挨拶状として利用可能な礼状を準備してくれる寄付先もあるようです。
香典の寄付先は、いろいろな協会や団体が受け付けていますが
故人が寄付したいと望んでいた団体や
故人と関係のある分野への寄付先を探してみましょう。


また各協会や団体によって香典を寄付する方法が違ってくるため、
まずは問い合わせてみると良いでしょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/25

コメントする