香典を郵送する際のマナー


香典を持参できない場合は必ず先方へ郵送するように心がけましょう。
知り合いなどの参列者に依頼される方もおられるようですが、
これは先方へ失礼にあたります。


香典を郵送する際は【現金書留】で送るようにします。
この方法であれば、葬儀で忙しい先方へも手間にならず
簡単に受け取ることができます。
弔電為替という方法もありますが現金書留の方が手間になりません。


ただし、このような方法で香典を郵送する前に
弔電を早めに打っておくことも大切です。
弔電や香典を郵送する際の挨拶状では、
使用できない語句があるので注意が必要です。


葬儀では、不吉不幸を意味する語句
繰り返す語句は使用すべきではありません
例としては、「重ね重ね」や「度々」・「再度」や「再三」・「続いて」などです。
このような語句を「忌み言葉」と言い
葬儀においては不幸が繰り返し起こる
という意味を持ってしまいますので使用しない事が重要です。



香典を郵送する際には参列できないことへのお詫びの言葉、
お悔やみの言葉を書いた手紙を現金書留に同封しておきます。


この時には、無地の白色便箋へ薄墨で手書きで綴るようにします。



色付きの便箋やハガキを使用しないことがマナーとなっています。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/24

コメントする