香典の渡し方の作法


香典を渡す前にまずすることは、宗教や宗派
包む金額を考慮して香典袋を用意することです。


次に表書きや中袋に気を付けお札を揃えて入れ、包みます。
そして袱紗に包んで持参します。
弔事の時に使用する袱紗は、鼠色が一般的です。
紫の袱紗は慶事にも使用できるので、一枚あると便利です。



香典は直接通夜や葬儀にて手渡すのが一般的な方法ですが
都合がつかなかったり、遠方にいて葬儀に出席できないなどの場合は郵送することもできます
葬儀に参列できなかったお詫びや、お悔やみの言葉を添えて送りましょう。


直接手渡す際は葬儀の受付にて一礼し、お悔やみの言葉を添えて渡します。
そのときに香典は袱紗から出し、
香典袋の表書きを相手に読めるようにして渡すのが正しい作法です。
お悔やみの言葉は手短に、小声で「この度はご愁傷様です」
「この度は突然なことでお悔やみ申し上げます」
「ご霊前にお供えください」などと挨拶するのがよいでしょう。



受付にて大きな声を出したり話し込むのはよくありません。



香典を直接ご霊前に供える場合は受付とは逆で
表書きを自分が読めるようにして供えます



もし、葬儀が終わってから訃報を聞いた場合は
自宅に持参するなどして、お悔やみを述べ香典を渡すといいでしょう。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/21

コメントする