法要や法事での香典


仏教では四十九日までは死者が霊となって
あの世とこの世をさまよっているという教えがあります。
ですので、法要や法事を行って死者を供養することで
無事に成仏できますようにという祈りを込めて行われているのです。


亡くなってから7日おきに行われるのが法要です


1年目の命日は一周忌、満二年目は三回忌、
そのあとは七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、
二十七回忌と法要が続き、その後は5年おきに行われます。


法事で使う香典袋は黄白または黒白の水引であわび結び
または結びきりのものになります。
四十九日以降は香典表書きに「御仏前」を記入し、
それ以前は「御香典」「御霊前」と記入するようにします。

法事で包む香典の目安金額は、知人・友人で5千円ほど、
親戚で1万円ほどが一般的です。
生前親しかった人であった場合などは、
少し多めに香典を包むことが普通のようです。



香典は、葬儀や通夜には当然のことですが
法要や法事の場合も持参するのが常識です。


仏式の儀式としては、
法要や法事は故人の冥福を祈る儀式として命日に行われます。


故人を供養すると同時に遺族の悲しみを癒して
心を満たす意味でも執り行われているのです。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/20

コメントする