書く宗教異なる香典返しの表書き


昔は挨拶状のみ送り品物を送るというのは習慣ではなかった香典返しですが、
現代では忌明けの報告を兼ね四十九日の法要後に品物と挨拶状を送ることが一般的となりました。

また最近では葬儀当日に香典返しを渡すという当日返しという形も増加傾向にあるようです。


香典返しの表書きには宗教によって様々違いがあります。


仏式の香典返しの場合は、満中陰・満中陰志・忌明志・志が使われています。
満中陰は49日を満中陰と呼ぶことから使われ、
忌明志は死後35日または49日が明けたことを感謝するという意味を持った言葉として使われています。


関西地方では、満中陰を丁寧にした書き方である
満中陰志を使うことが多いようです。


志はキリスト教や神式の場合も使うことができます。
始めは仏式でも習慣ではなかった香典返しですが
仏式で習慣となったためキリスト教や神式でも香典返しは習慣化してきているようです。


キリスト教の香典返しの表書きには、粗品・感謝が使われています。
神式の場合は、茶の子・偲草が使われています。
茶の子は、ささいなものという意味を持ち、
三十日祭か五十日祭に送る場合に使われるのが偲草です。


各宗教それぞれに合った香典返しの表書きを使用しましょう


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/19

コメントする