香典の昔と今の違い


香典は昔生活していくのが大変だった頃、
葬儀を援助するという意味合いを持ったものでした。


一般的に香典は、故人との関わりの深さによって金額が変わり、
通夜や葬儀の際に持参していきます。
また香典を頂いた相手に不幸があった際には
頂いた金額と同じ金額を抗伝として持参します。


しかし、近頃では経済状況が昔より裕福になったため、
通夜や葬儀に参列してくださる方達の負担を少なくしようと
香典を辞退することも増加してきているようです。



香典を辞退する際は、受付に張り紙や看板などを設置して知らせるようにします。
さらに香典を辞退している旨を、受付時に丁重にお伝えすることが必要です。
また、可能であれば前もって連絡しておくのも良いでしょう。


香典を辞退していても、参列してくださった感謝の気持ちとして
千円未満の会葬返礼品を渡していることもあるようです。


香典を辞退しているかどうかわからない場合もあるので、
まずは香典を持参して行き、会場で確認をすると良いでしょう。


参列者が年配の方の場合は香典を受け取らないことを失礼なことと感じてしまう方もいるので、
香典の事態は故人の遺志であることを丁重にお伝えするようにしましょう


多くの参列者への対応を丁寧に行うことが大切です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/17

コメントする