香典返しのあいさつ


親しい人が亡くなりお通夜または葬儀に香典を持って参列すると
そのお礼として香典返しをいただきます。


この香典返しは地域や宗教によって違いはあるものの、
四十九日の法要が終わった頃に郵送で送られてくるのが一般的です。


最近では香典を下さった人に選んでもらうという
カタログでの香典返しも多くなっています。
いただいた側のマナーとしてはお礼はしないことです。


元々不幸なことですのでそのお礼というのはおかしいということです。
よほど親しい間柄であれば香典返しが届いたことを
連絡するはがきや手紙を書くくらいが良いでしょう。


または近況報告も兼ねて電話をするのもいいでしょう。
その際は「ありがとうございます」や「喜んでなどの言葉は避け
あくまでも香典返しが届いたことを伝えるようにしましょう。


中には亡くなられた人の生前の希望で
香典を福祉団体や教育機関に寄付することがあります。
その場合は忌明けの挨拶状が届き
その旨を伝えることになっていて、香典返しはありません。
返事を出す場合には香典がその役に立てたということを含んだ文章でよいですが、
これも基本的にはお礼の連絡は不要です。



最近は香典返しを葬儀の当日にするところも多くなりました。
その場合はその場で軽く会釈をして受け取るのがよいでしょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/16

コメントする