香典における「ふくさ」の利用


香典を包む際に使うふくさは葬儀へ持参する際に
香典をしわ、汚れなどから守る目的で使います。
このことからも一般的な礼儀としては、
香典を持参する際にはふくさを使用するようにします。


ふくさが用意できない場合は、、または白のハンカチで代用することもできます。
ふくさにも多くの色があり、香典を包む際のふくさの色は決まっています。


香典で使用できるふくさの色は、灰色・緑・青・となっており
紫に関しては祝儀でも使用することができます。


香典の包み方ですが、市販されているものの中に台が付いているふくさがあり
しわになりにくく便利です。
このような台が付いているふくさは、
爪の部分を左側にしてたたむようにします。


この他のふくさの包み方は、まず角を上へ広げ、ひし形を作るようにします。
そして、香典袋をその中央へ表面を上にして置きます。
この後、ふくさをたたんで行きますがその順番があります。

右、下、上の順でたたんだ後に、左側を折り、最後に角を裏面へ返すようにします。


ふくさに包んだまま香典を受付に渡すことは
マナー違反となるので注意が必要です。
これは、受付の方がふくさを返さなければならないため、
繰り返し不幸が訪れることを意味してしまいます。

ふくさから香典を渡す際のマナーとして、
ふくさを開く際に香典が表面になるように開きます。

そして、受付の方へ表書きが読める方向にして渡すようにしましょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/15

コメントする