香典返しの目安は


身内で誰かが亡くなるとお通夜や葬儀など色々な段取りをしなくてはなりません。
その一つに香典返しがあります。
争議に参列してくださった方に香典やお供物をいただきますが、
そのいただいた金額に応じてお返しをするのです。


亡くなられた方とのお付き合いが親しいほど香典は多くなるものですから、
香典返しは一律でなく段階を3つ位にわけておきます。
金額の具体的な数字は決まっていませんが、
おおよそいただいた金額の2~3分の1が目安になっているようです。


この香典の半分をお返しすることを「半返し」と言うのです。
香典返しの品物は一般的にはハンカチやタオルですが
どのようなものにしたらよいか選ぶのが難しい場合にはカタログを利用するとよいでしょう。
最近では香典返し専用のカタログがありますから
それをいただいた人が自分で品物を選べるので便利です。


また、海苔やそうめん、お茶、石鹸など使い切ってしまうものは
後に残らないということで縁起を担ぐ意味でもよく使われる物です。


香典返しは主に郵送しますが、忘れてはならないのが表書きです。
表書きは宗教によって書き方が違いますが、
」は一般的に使われる表書きですから問題はありません。


のし紙は「黒白結びきり」の水引を使いますが、
これも地方によって決まりごとがありますから確認の上用いましょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/14

コメントする