香典袋記入時のマナー


香典袋記入の際は毛筆で薄墨が理想的とされています。
葬儀は急に行われることが多く、
最近では筆ペンでも薄墨のものが市販されているので
これを使用しても構いません。
あくまでも薄墨は香典の理想的なものなので、
薄墨が用意できない場合は黒文字でも良いとされています。



香典で使用する香典袋は、白黒の水引きのものが一般的です。


香典の表書きは宗派によって違いがするようですが、
一般的には「御仏前」や「御香典」と書くことが多いです。
御霊前」と記入しておけば先方の宗派が分からなくても
問題なく使用することができます。
通夜や葬儀に関わらず有効な香典の表書きです。
これらを香典袋の水引き中央の上に記入します。
水引き中央の下は、差出人の名前を記入する部分となります。


差出人の住所や金額は、香典袋裏面の左下に小さめの字で記入するようにします。
中袋がある香典の場合は中袋へ記入することになります。


香典への差出人住所の記入は、先方から香典返しを送る場合に使用するため
心使いでの香典を除いてはマナーとなっています。
心使いでの香典である場合は、表書きのみ記入して渡します。



このように、香典袋への記入方法は葬儀、法要で必要となってきますので覚えておくと安心です。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/13

コメントする