香典を準備する際のマナー


まず、どのような香典袋を選ぶかですが
市販されているものを使うのが一般的です。
市販されている香典袋であれば、
記載してある記入方法やルールの説明があるので分かりやすいです。


故人とどのような関係かで香典の金額が決まりますが、
香典袋は包む金額相応のものを選んだ方が良いです。
香典袋だけ良いものを選んでも、中身とのバランスが取れないので注意しましょう。


香典に包む際のお札ですが、新札は事前に準備されていたようで
失礼にあたるので使用してはいけません

逆にシワの多いお札も失礼になりますが、
新札の場合は軽い折り目を入れてから香典袋に包んだ方が良いです。


そしてお札が複数枚になる場合は向きを揃えて包みます
地域によって包むお札の向きが違うこともありますが
必ず向きを揃えておけば失礼にはあたりません。


一般的な香典の記入方法は、香典袋・中袋においても汎用のペンでも問題ありませんが
なるべく筆ペンを使用した方が良いです。
漢数字で金額を中袋の表側に記入し、住所と氏名を裏側に記入します。


香典の中袋の向きは折り返すと三角形になる部分ができるので、
それを下に向けて折り返すようにします。


これには、故人への悲しみ意味がありマナーのひとつとなっているようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/9

コメントする