宗教によって異なる香典返しの時期


香典返しの時期はそれぞれの宗教によって違っています。


香典返しとは香典を頂いた方にそのお礼と感謝の気持ちとして送るもので、
昔はお礼の挨拶状を送るだけでしたが
現在では挨拶状と消耗品などの商品を一緒に送るのが通常です。


仏式は、四十九日の法要を終了するまでは忌中・喪中の期間であると考えられ
喪に服している期間に香典返しは慎むというのが礼法になっているようです。


そのため、仏式の香典返しの時期は
四十九日の法要を終えてから送るのが一般的です。


しかし、近頃は葬儀の際に香典を受けっとったら
当日に香典返しをする方が増えてきているようです。
その際も通常の香典返しと同様に、挨拶状と品物を渡します。


神式の場合は、忌明けが五十日祭とされているため
香典返しを送るのは五十日祭後になります。


キリスト教は昇天記念日である三十日祭の後に香典返しを送る方がほとんどのようです。


以前は香典返しを送る習慣は無かった神式やキリスト教ですが
仏式の影響からこのように香典返しを送ることが習慣化してきているようです。


香典返しを手渡しで渡せる場合挨拶状は必要ありませんが、
郵送で送る際は挨拶状も一緒に頼み必ず送るようにしましょう。



挨拶状で、納棺と四十九日の法要が終了したことを報告し
お世話になったお礼の気持ちを伝えましょう







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/8

コメントする