香典返しの挨拶状と御礼状


香典返しを送る際は御礼状や挨拶状も一緒に送ります。

挨拶状は忌明けの報告や香典のお礼など
告別式や葬儀へ参列してもらったことに対する感謝の言葉を書くものです。
薄墨印刷をするか、薄墨で書くようにしましょう。


挨拶状は自分で感謝の気持ちをこめて書くことが理想的ですが、
自分で書くのは時間がかかるなど大変だったりします。
挨拶状も香典返しを購入するときに注文することが可能なので
購入時には挨拶状についても確認してみることをお勧めします。


香典返しを送る時期は忌明けの法要が終了したら早めにお送りするようにしましょう。
香典返しに添える挨拶状や御礼状はそれぞれ異なり
仏式の挨拶状の場合は、四十九日法要が終了したことの報告とお礼の言葉を記します。


御礼状の表書きの上部には【満中陰志】や【志】と記し
下部には喪主の苗字を記します。
用紙は白奉書黄白水引きや黄色かけ紙を使用します。

神式の挨拶状は仏言葉である、成仏・供養・冥福などを使わないようにします。

また御礼状は表書きの用紙は仏式と同じものを使用し、
下部も喪主の苗字を記入するのは同じですが、上部には【偲草】と記すようにします。


キリスト教の挨拶状では神式同様に仏言葉を使わず
神のもとに召され・急逝・永別などの言葉を使うようにしましょう。


御礼状は神式と同じように記します。
それぞれの宗教にあった香典返しの挨拶状と御礼状を送りましょう

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/6

コメントする