仏式の香典袋の表書き


お通夜やお葬式など地域によって様々な習慣がありますが、香典も同様です。


特に悩んでしまうのが「表書き」ではないでしょうか。
宗教によってはこの表書きが全く違うこともあるので注意しなくてはなりません。

よく「御霊前」という言葉が使われますが
これは一般的なので使いやすいのですが、
キリスト教のプロテスタントや浄土真宗では認められてはいません。


浄土真宗の場合には「御仏前」を使うのがよいでしょう。
他には「御香典」「御香奠」「御香料」などがあります。

これは同じ意味なのですが、供物とか香の代わりのお金として使われるようです。

「御弔電」や「御弔料」は会社から社員への香典として
また団体や会社から送る香典として用いられます。


「菊一輪」は菊の花一本程度の少ない金額であるという意味の香典とされています。



「御霊前」以外の表書きは仏式のみの香典に使われますから
故人の宗教がわからない場合には「御霊前」を
はっきりしている場合にはそれにあった表書きをしましょう。


そして、香典袋に描いてある絵が「蓮の花」であれば
仏式専用のものだとわかりますから豆知識として覚えておきましょう。



よくわからないときにはあいまいにせず詳しい人に尋ねることも必要かもしれません。
仏式の表書きについて知識として持っていると急なときでも慌てずにすみます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/4

コメントする