神式の香典袋の表書き


身内や親しい人が亡くなるとお通夜やお葬式など参列することになります。
その際に香典を持っていくのですが
香典袋の表書きをどうするか悩んだことはありませんか。


宗教や地域によって香典袋の表書きは違っていて
書いてはいけない言葉というものもあるのです。
前もって知っておくといざというときに慌てずにすみます。

日本の場合葬儀・法要というのは宗教によって違います


ほとんどは仏式ですがその他にキリスト教や神式もあります。

神式の葬儀の場合、表書きに悩んだら「御霊前」を使います。
この「御霊前」はキリスト教のプロテスタント以外であれば使用できるので間違いないです。


そして「御玉串料」は神社に収めるお金に使われる言葉で
葬儀で用いても良い言葉です。


同じような意味で「御榊料」や「御神前料」などもありますし
御神前」でもかまいません。


また神式のみの香典袋の表書きとして「幣料」と「幣帛料」があります。
なかなか聞きなれない言葉ですが、
葬儀が神式であればきちんと守らなくてはならないマナーの一つにもなりますから覚えておきましょう。


そして香典袋ですが、神式は双白で水引が双銀の物を用います。
香典袋にも宗教によって違いがあるということも知っておくと安心です。


ほとんどの葬儀が仏式ではありますが
中には違う場合もあります。

それぞれの宗教の香典袋の特徴や表書きをしっかり覚えておきましょう。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/3

コメントする