香典の額にまつわる礼儀


香典を出す場合、亡くなった人とお付き合いの度合いや地位、
亡くなった年齢によってある程度お出しする金額というのが変わってくるようなので、
注意する必要があります。

定まった額というものはないのですが、
昔からの礼儀としてやってならない事が幾つかあるようなので知っておくと便利でしょう。


まずは香典の額がですが、6や8などの偶数数字は良くないとされ、
1や3などの奇数数字は昔から良いとされています。
しかし、2万円という数字だけは当てはまらないようです。
また4は死、9は苦など良くないイメージが出やすい為、
4と9が混じった額にならないよう気を付ける必要があります。


結婚式やお祝い事などには新しいお札を祝儀として出すのが良いという風習がありますが、
香典の時はそんな決め事はないようです。


しかし、香典に新しいお札を使うのはあまり好ましくない
という風習が昔からあるので注意が必要です。
急な事で新しいお札しか持っていなかった時は、
古いお札に取り替えるか、新しいお札の角を折り曲げてからお出しする事で回避出来ます。



本来香典を出す場合は定まった額や方法は無いので
あまり気にする必要は無いのですが、
昔からの風習として気にする人も多いのも現実です。


出来るだけトラブルを避ける為に、
こういった事もあるのだと知っておいても損は無いでしょう。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/11

コメントする