香典返しの行い方


身内で不幸があると悲しむ間もなく
お通夜や告別式などの準備にあわただしくなります。
そして参列して香典やお供物をいただいた人には香典返しもしなくてはなりません。


この香典返しは四十九日の法要が終わってから報告とお礼の意味を兼ねて行いますが
香典帳の整理をしたり住所を確認するなど時間を要します。

しかも四十九日が終わってからですので
それだけ時間がかかるということにもなります。


そのために最近増えてきているのが「当日返し」です。
これは字のごとく葬儀の当日にその場でお返しを渡すものです。
香典のお返しを直接渡すことで感謝の気持ちも伝えられますし
お礼状などの準備も不要です。


直接渡してお礼を言うのは香典返しの本来持っている意味に沿ったものだといえます。
そして、当日返しは香典をいただいた人全てに
同じものを渡すことになるので金額的には3000円くらいの品物が適しているといわれています。


中には親族も含めて香典を多く下さる人もいます。
そんな場合にはひとまず当日返しをして
四十九日が終わってからあらためて香典返しを送ります。


その際の品物は当日返しもありましたから
従来の郵送する香典返しよりも金額を抑えたものを選ぶと良いでしょう。


どういった香典返しにするのかは身内で相談して決めましょう。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kouden.happymoko.net/mt201306/mt-tb.cgi/2

コメントする